臨床研究サポート

ネイティブチェック

臨床研究センターでは、英語のネイティブスピーカーが論文(Original Articleのみ)の校正を行います。

なお、現在のところ、依頼料は発生しませんが、1論文につき、校正は3回までとさせていただきます。
また、2017年4月より、エディター1名が当センターに常駐しております。
ご依頼いただきました論文について、当センターに来訪いただき、エディターと直接お話いただくことも可能です。

支援の内容

  ・医学系論文の論文校閲
  ・基礎系論文の文法チェック
  ・当センターでご依頼いただいた論文についてのエディターとの相談

申請方法と申請後の流れ

 

①下記の依頼書に必要事項を記入してください。

    依頼票

②iThenticate(アイセンティケイト)でご自身の論文をチェックしてください。
その際は、著者名(author)参考文献(reference)を削除した後の論文をチェックにかけてください。

    ※iThenticate(アイセンティケイト)とは、論文等の剽窃・盗作チェックのツールです。
     利用にはアカウントの取得が必要になりますので、未取得の方は「研究推進課」までお問い合わせ願います。
     なお、「学内ページ」の「研究支援」のページにもご案内がございますので、是非ご活用ください。
      (研究支援: http://www1.wakayama-med.ac.jp/index_kenkyushien.html )

③次の資料を添付の上、editor(AT)wakayama-med.ac.jp [(AT)を@にしてください]
(事務担当者)までメールで提出してください。
(このアドレスへは「×××icon_mailmark001wakayama-med.ac.jp」 からのみ、送信が可能です。)

・依頼票
・論文、カバーレター(ある場合)
・論文で使用するFigureとTable
・iThenticate(アイセンティケイト)でチェックした結果のレポート(PDF形式)

 

【申請後の流れ】

 ④担当者が内容を確認後、受諾のメールをさせていただきます。

 

【ご依頼論文の校正を返却後、エディターとミーティングをご希望の場合】
editor(AT)wakayama-med.ac.jp [(AT)を@にしてください]にメールをお送りいただくか、
お電話にてご連絡ください。

 

※依頼を受理してから校正完了まで、およそ2週間を目安としています。
受託状況により異なりますので、ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

※当サポートの依頼(メール)は必ずeditor(AT)wakayama-med.ac.jp [(AT)を@にしてください]のアドレスにお送りくださいますようお願いいたします。その他のアドレスにご連絡を頂きますと、対応に時間を要したり等、ご依頼者にご迷惑をお掛けする可能性がございます。