臨床研究教育部門

平成27年4月1日に施行された「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」により、臨床研究に携わるスタッフは臨床研究に関する教育を受けることが義務付けられました。
同様に、倫理委員会等の委員の先生方に対する教育も必要になりました。

臨床研究教育部門では、臨床研究あるいは医学統計学に関するセミナーを主催します。

また、臨床研究に関わるサポートとして、医学系論文の論文校正実績のあるネイティブスピーカーによる論文のネイティブチェックおよび、知的財産に関する専門家による相談を行います。

今後にかけて、e-learningの実施と整備を通してアクティブラーニング実施に向けた教材提供に取り組んでいきたいと考えています。

また、本学に導入された統計解析ソフトウェアSAS JMPの利用マニュアルとその背景にある統計的基礎知識に関するコンテンツを順次拡充していきます